UP NEXT
 2006年度 投稿記事
2006/05/24 歩修

皆様 こんにちは

「四国遍路ひとり歩き同行二人」地図編の改定版より
次回の歩き遍路7巡目は別格寺院を再度,巡拝するべく第6版・第7版をチエックしたところ別格第15番箸蔵寺から第66番雲辺寺への県道268号線コース<第5版で鮎苦谷川に沿い野呂内を経由する18.2kmの歩行・車両双方の遍路道>は記載されていません。

私事ですが,2003年10月に別格寺院を結願した時は第5版を参考にしましたので,吉野川沿いを打戻りして雲辺寺車道入口から北上する県道267号線コース<第5版では車両迂回路>は好むところでなく,当時は野犬の群れが出没するとの情報が当談話室に投稿されていた県道268号線の遍路道コースを5時間がかりで歩きました。池田町白地の山間部の自然と対峙しながら人生を振り返り,山懐に点々とする集落を眺めてはこれからのことを考えるに相応しいお大師さまと同行二人の閑散孤独な遍路道でした。改定版では打戻りの県道267号線コースのみが歩行・車両双方の遍路道として記載されています。遍路道も時の移り代わりと共に変わるのか・・・。古来の遍路道は存在しないのか,詳細については知り得ませんが・・・。いずれ山間部の辺地を歩くお遍路も消え,遠い古の事として忘れ去れると考えると淋しい想いがしてなりません。