トップ 歩き
遍路
巡礼
記録
遍路
荷物
遍路解説
と三信条
札所・遍路道
の写真集 
2012年
逆打通し
2013年
108ヶ寺通し
2014年区切り-1 2014年
区切り-2
2015年
区切り-3
東寺
拝観
高野山町石道
記録 記事 御影

記 事  区切り1.第1番霊山寺〜第37番岩本寺 歩き遍路を終えて


  {総括}       *第1番霊山寺〜第37番岩本寺までの37ヶ寺を巡拝
             *歩いた遍路道の総距離合計:430.5km/8日(平均53.8km/日)

(1)計画
*今回で歩き遍路15巡目となる。今回のテーマ(目標)は大先達を目指す最終の歩き遍路となる。14年の歳月を掛け遍路修行した遍路道を無心になり,時に感慨深く意識してひたすら歩く。辿り着く札所で「充実した心の旅」に感謝し,満ち足りた気持ちでお参りする。
*一年掛け3回の区切りで結願する事にした。
*第一回区切りは第一番霊山寺〜第37番岩本寺までとする。
*宿の手配は出発一週間前の5月6日に全て予約済み。従来のスタイルと何ら変わらない。
*歩く距離は50km余/日と何時もと変わらない。一日に10〜15時間,休むことなく歩くことは容易では無い。過去14巡のデーターを元に計画を立てる。慎重に検討を重ね,ノウハウの全てを織り込み,幾度と計画を練り直す。私の好む「Plan Do See」の始り,楽しい時でもある。それでも万全とは言えない。厳しい局面での対応は予め考えておく。

*私の計画の根幹を成すのに「心身の修行」がある。プレッシャーに怯まず,自分と闘い鍛えて行く。ならば開けると信じ
て挑む。
歩き遍路して14巡結願。過去に88ヶ所を20日で通したのも此処にある。人はゆっくり四国遍路を楽しんではと言う。私も2巡目まではそのように考え,すべてに感謝して巡拝した。しかし,自分を見つめ,巡拝で生きる喜び・幸せの有難さを知るにつけ,歩き遍路の意義・信条に思いを馳せるようになった。仏教に帰依し,ひたすら無心に心身と仏道を身につけ精神性を高める修行を求める巡拝になった。勿論、真言宗の根本の教え,三蜜修行,お大師さまの心の実践は当然のことである。*37ヶ寺を8日で巡拝する計画を立てる。修行とは厳しいものとの考えが強くある。私の持てる能力全てを注ぎ、自分を信じて立案した計画を実行することに全力集中する


(2)結果
37ケ寺の総距離430kmを8日で歩きました。(平均53.8km/日) 
*早朝起き,宿泊先をAM4時台出発:4日,5時台:3日,6時台:1日でした。
*宿主人の見送り無く,玄関の鍵を開け,夜明け暗いなかライト持ち出発します。
*朝食は第18番恩山寺近くで宿泊した「民宿ちば」のみ。宵の内にお結び1ヶ作っていただき,食べて出発。(3ヶ所)
*全てを歩き遍路で通します。身体を休めるのはトイレ及び札所(寺)で読経している時です。
*夜遅くPM19.55着の「民宿ちば」は夕食なし。予約時と前日に連絡済。「ロッジおざき」には予定より遅くなる旨を事前連絡済み
*「旅館吉野」から「民宿ちば」までの58.5kmは殆んど歩き尽くめです。後半は雨の中,此れも修行と思い歩く。
*私の厳しい歩き遍路計画は,納経時間をフルに使って長距離歩きすることです。例えば,朝4時に宿出発して3時間歩いて(約15km),最初のお寺に納経始まる時間7時に着く。そして,その日巡拝の最後のお寺に納経終わる時間17時少し前に着く。さらに日照時間(日の入)近くまで歩く。これで13〜14時間は歩きます。第5日目,第6日目が該当します。
今回も第23番薬王寺の朝AM6.00勤行に参加しました。私一人でした。若いお坊さんの説法が有りました。
「仏法遥かにあらず 心中にしてすなはち近し」  ・・・人間の身体に仏が宿る。自分の心を見つめることで初めて,新しい可能性が開ける。お接待する心、それを受け取る心に仏が宿ると説かれた。
*今回は8日間でデジカメで写真763枚撮りました。歩きながら素早くシャッターを切ります。今回は札所で200枚,遍路道150枚,道中で見かけたお花420枚余などです。機会をとらえてUP出来たらと考えています。
雨中,霧が立ち込める第21番太龍寺の巡拝は厳しいものだった。雨水がカッパを透し,ずぼ濡れ身体で高所の山寺に辿り着く,苦行のお参りになりました。自然には逆らえません。雨降りも良い意味に捉えて歩き遍路しています。私が好む「行」が存在します。弘法大師の御心にふれる厳しくも有難い祈りの遍路道を辿ります。俗界とは無縁な深山静寂で霊気漂う雰囲気が心地よく,佛心を呼び起こす世界が存在します。一年ぶりに巡拝し,自分を見つめる贅沢な喜びに浸ることが出来ました。
シェークスピアの「楽しんでやる苦労は,苦痛を癒すものだ」に通じたものがあります。

*歩き遍路の厳しさもメンタルの持ちようが大きく関わります。
私は遍路修行は「楽しみながら,心身を鍛えながら,仏道を極めて行くもの」と考え実践しています。

(3)反省・問題点

*やはり,夜遅く宿泊先に着いた「民宿ちば」「ロッジおざき」にはご迷惑だったと反省しています。

                                       以 上

思い出の写真

第5番地蔵寺 大師堂

第6番安楽寺 大師堂

第10番切幡寺 大師堂

吉野川に架かる潜水橋

一本杉庵

左右内からの眺望

第12番焼山寺 境内

神山から望む鮎喰川

第20番鶴林寺 仁王門

室津港

第26番金剛頂寺 本堂

第29番国分寺 境内

 第31番竹林寺 本堂

第31番竹林寺 境内

第32番禅師峰寺

第32番禅師峰寺 大師堂

高知市春野辺り

塚地峠

横浪スカイラインからの眺望

大坂峠への道しるべ
札所・山中の遍路道で見かけた花 

一本杉庵のミツバツツジ

焼山寺の石楠花

焼山寺の牡丹

鶴林寺のシャクナゲ

太龍寺の石楠花

遍路ころがしのシャガ

遍路ころがしのフジ

遍路ころがしのヤマツツジ

竹林寺 境内を飾るグロサリオ